2014年12月21日
冬ヘアの悩み解決【乾燥対策方法その2】
 
Check
 

image1_3.JPG

「あー、髪の毛が乾燥してパサつく!」
「乾いてハネちゃう!」
「ツヤがほしいー!」

と、悩んでいる方が出てきました。

そうですね、毎年この時期になるとこのような悩みが増えてきます。

皆さんは、どうでしょうか?
なかには、全く気にならない方もいらっしゃると思います。

なかでも、お悩みの方へ!
リーリオからのご提案です。

前回は、技術でカバーする方法を載せてみました。
お役にたちましたでしょうか?

リーリオから3つのご提案しています。
①技術でカバー
②ヘアケアでカバー
③ホームケアでカバー

今回は、
ヘアケアでカバーする方法です。
(今回は少し文章が長めです)

ヘアケアは大きく分けると、
・シャンプー&トリートメント
・洗い流さないトリートメント
・乾かした後に付けるスタイリング剤
です。(他にもありますが、この3つを今回の主題に)

その1
シャンプー&トリートメントで、乾燥対策する方法は、お使いの商品をしっとりタイプまたは保湿タイプに切り替えることです。
シャンプー&トリートメントには、髪質に分けて使えるように質感別に分類分けして販売しています。
わかりやすいのは、しっとりタイプとサラサラタイプのような分け方です。

リーリオで人気な商品は、デューンとラカスタのバギーです。
12月からシャンプーの際にお選びいただいています。

その2
洗い流さないトリートメントで、乾燥対策する方法は、お風呂から出てドライヤーで乾かす前にオイルのトリートメントを付けることをおすすめしています。
つけて乾かすと効果はしっとりします。乾きにくく、ツヤが長持ちしやすいです。
*注意→自然乾燥だと、トリートメントの効果は出ません。ドライヤーの熱で効果が出ますので必ずドライヤーで乾かしてくださいね。

オイルのトリートメントは、よく伸びますので手のひらに一度のばしてから毛先を中心に付けることで毛先に重みがつきまとまりやすくなります。表面や全体は毛先をつけた後、手に少し残っているオイルがありますので、それを手ぐしでなじませる感じです。

リーリオで人気な商品は、リニューオイルです。
もう使われている方も多いと思いますので、お持ちの方はそのままお使いください。この時期効果を発揮してくれます。

その3
乾かした後に付けるスタイリング剤で乾燥対策する方法は、スタイリング剤を混ぜるということです。
普段ワックスをお使いの方は、そのワックスにクリームかムースを混ぜる。
普段クリームをお使いの方は、そのクリームにワックスを混ぜる。
それをする事で、髪の毛が乾きにくくスタイリングが長持ちしやすくなります。
仕上げにキープスプレーやグロスのスプレーをふりかけるとさらに良いです。

少し長くなりましたが、ヘアケアではこのようなケアをおすすめしています。
ぜひ、ご参考いただけると嬉しいです。


Copyright© Innocent'S LiRio. All Right Reserved.